CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
新約聖書 机上版
新約聖書 机上版 (JUGEMレビュー »)
新約聖書翻訳委員会
MOBILE
qrcode
<< キリスト教思想への招待 | main | インタビュー術! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
グノーシス―古代キリスト教の“異端思想”
グノーシス―古代キリスト教の“異端思想”
グノーシス―古代キリスト教の“異端思想”
筒井 賢治

グッド 2世紀に発達したキリスト教系グノーシス主義を中心に、反宇宙論的な二元論をとなえるグノーシス主義の概要を紹介した入門書。ウァレンティノス派、バシレイデース、マルキオンという、キリスト教系グノーシスの3大潮流について大まかに解説しつつ、ギリシア哲学やキリスト教以外の他宗教、グノーシス以降の異端二元論、ナグ・ハマディ文書発見以降の研究課題など、広がりのある視点を提供してくれる。これからグノーシスについて学ぼうとする場合、まずはこの本でグノーシスの全体像を俯瞰してから資料を読むのがいいと思う。「グノーシス」とひとくくりにされてしまう思想が、じつはまったく異なる複数の思想の全体的な“傾向”を指す言葉であることがよくわかるはずだ。

 読んでいて面白かったのはバシレイデース創造神話だ。「存在しない神」が存在したという否定神学や、そこから投げ落とされた宇宙の種というモチーフは、物理学が提供するビッグバン説とも無理なく共存できるものかもしれない。

 現世否定のグノーシス主義者たちが、いかにしてこの世を生きたかという問題には興味がある。グノーシス的な反宇宙論的な二元論を説く中世カタリ派の場合、この世に甘んじて生きる一般信徒と、現世否定を徹底する完徳者という出家集団の二重構造によって乗り越えられていた。2世紀のグノーシス派は、この点をどう考えていたのだろうか。

 この世を「悪」「失敗作」とみなすグノーシスの現世否定に、強い共感を覚える人たちは少なからずいると思う。そうした人たちが、それでもこの世を生きていくための知恵が、古代のグノーシス思想の中に隠されているかもしれない。

 個人的にはこれをきっかけにして、改めてグノーシス思想について調べてみよう(研究というほど大げさなものではない)と思うようになった。岩波から出ているナグ・ハマディ文書は第2巻だけを持っていたので、とりあえず第1巻と第3巻をネットで注文した。第4巻は現在版元品切れで重版の予定もないという。本屋に流通在庫がないか確認し、見つからなければネットをまめにチェックするしかないな……。(10/30)
| 聖書・キリスト教 | 19:27 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 19:27 | - | - |
コメント
グノーシス思想はこの世から出た幼稚な教えであり、聖書の思想とはまったく相容れない。このような思想を聖書は警戒せよと語っている。「あなたがたがキリストとともに死んで、この世の幼稚な教え<the elementary principles of the world>から本当に決定的に離れたのならば、どうしてまだこの世の生き方をしている者のようにそのとおりに生きるのですか。」これは使徒パウロのコロサイ信者への手紙にあるお言葉です。
主イエスを心に信じて罪と死から、またゲヘナ(永遠の火の池の裁き、第二の死)から救われた者であるのなら、上にあるものを見つめ、思い見るべきではないか。どうして不信者と変わらない生き方をしてうなだれるのですか。神様はこのわたしに語ってくださいます。マラナ.タ、アアメン、主イエスよ、来て下さい。
| えふらひむ | 2007/06/08 11:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eiga.jugem.cc/trackback/67
トラックバック
激漫ティービーの収録
 朝は少しゆっくり起きて、久しぶりに朝っぱらからご飯を炊く。小さな文化鍋でコト
| 新佃島・映画ジャーナル | 2004/11/01 10:09 AM |