CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
新約聖書 机上版
新約聖書 机上版 (JUGEMレビュー »)
新約聖書翻訳委員会
MOBILE
qrcode
<< 黒沢明と『天国と地獄』―ドキュメント・憤怒のサスペンス | main | アメリカ映像文学にみる愛と死 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
黒沢明と『赤ひげ』―ドキュメント・人間愛の集大成
黒沢明と『赤ひげ』―ドキュメント・人間愛の集大成
黒沢明と『赤ひげ』―ドキュメント・人間愛の集大成
都築 政昭

嬉しい 黒澤の意図を何でも「愛」「ヒューマニズム」「ドストエーフスキー」で解説してしまうのはどうかと思うが、映画製作の裏側を完成した映画と比べながら語っていく筆致には迫力がある。黒澤明の完全主義ぶり、作品作りに対する妥協のなさ、スタッフワークの素晴らしさ、役者たちの層の厚さなどが伝わってくる。『赤ひげ』は黒澤映画の集大成で到達点。本を読んでいたら映画が観たくなる。実際、DVDでさわりだけ観てしまった。(6/2)
| 映画 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eiga.jugem.cc/trackback/4
トラックバック